【GOAT 購入方法】 GOATでスニーカー買ってみた 【前編】

シェアする

巷で話題のスニーカー専用マーケットプレイスアプリ「GOAT」
以前にも利用したことがあるのですが、再度利用する機会がありましたので簡単ではありますが買い方、購入方法をレビューしていきます。

GOATとは

アメリカの会社が運営している、スニーカーの売買に特化したマーケットプレイスアプリ。

いまのところ日本からは購入しかできませんが、相場が日本より低いものもあり、送料($50と少しお高めですが理由は後述します)と関税を考慮しても国内のオークションサイト等で購入するより低価格で手に入れることができるかもしれません。

またオークションサイトとは違い、売り手→GOATでの真贋鑑定→買い手
と、手元に渡る前にGOATが真贋鑑定をして発送してれるのです。これがGOATを使用する大きなメリットですね。
また、スニーカーを出品する側にも厳しいチェックが入るようで、オークションサイトのように誰でも販売ができるようなシステムでは無いとのこと。

偽物を掴まされる心配が(ほとんど)なく、梱包もしっかりしてくれるので安心して注文できます。
送料が少しお高めなのは、この「売り手→GOAT」までの送料と真贋鑑定システムの利用料が含まれてるという感じですね。
この鑑定システムにはかなり力を入れているようで、

私たちの目標は、最も信頼できるスニーカーマーケットプレイスであることです。良い評価を持つセラー(売り手)を受け入れ、すべてのスニーカーの真贋を鑑定することによって、これを実現します。

私たちはデータベースに75,000以上のスニーカーを記録しており、それぞれについて信憑性を定義するのに役立つデータを計上しています。当社のスペシャリストは、ラベルからステッチング、テクスチャ、色などすべてを検査します。もしスニーカーが正規品と認められなかった場合は、確認の際に通知し、ご注文の全額払い戻しを行います。

私たちの努力により、スニーカーを売買するための信頼できる安全なコミュニティをつくることができれば幸いです。

原文
Our goal is to be the most trusted marketplace for sneakers. We do this by only accepting sellers with the best reputation and by verifying all sneakers to ensure their authenticity.
We have logged over 75,000 sneakers in our database and have accounted data on each to help us define their authenticity. Our specialists inspect everything from the label to stitching, texture to color, and so much more. If your sneakers are found to be falsely advertised, we’ll notify you during verification and offer you a full refund for your order.
It’s our hope that through our efforts, we can help create a trustworthy and safe community for buying and selling sneakers.

と、説明があります。
フェイク、偽物がないと100%言い切れるサービスではありません!
なぜなら、スニーカー鑑定士などという公式の資格があるわけでもありませんし、日々フェイクのレベルが上っているからです。
鑑定するのは専門家であっても一人間なのでミスもあるでしょう。また、最近では発売される前のモデルでもフェイクが平行して作成され(正規品と同じ工場で作られることもある)、検証することが困難なモデルも存在します。
ただ、GOATでは出品者に高いハードル(他のマーケットプレイスやSNSでの評価)を設けているそう。万が一フェイクが送られた場合は、もちろん返金対応してくれます。
フェイクを送られることはほとんどない。そういった点を理解して利用しましょう。

購入までの流れ

アプリのインストール、情報の登録は既に済ませてしまっていたため割愛(比較的簡単でしたが、ご要望があれば追記します。)

2017/09/15 追記
住所入力でつまずく方が最近多いと聞きましたが、いつの間にかGOATが日本語入力に対応しているようです。
CountryでJAPANを選択すると、それ以降の住所は日本語で入力する必要があるそう。
下記リンクの動画で、その他の点もわかりやすく説明されてます。

それ以降の流れを掲載していきます。
実は登録さえ済めば、英語がわからなくても感覚でなんとなく買えてしまいます。(これがネットショッピングの怖いところ。笑)


アプリを開いた画面。かっこいいスニーカーがたくさん表示されます。
画面下部の「FILTER」からサイズ、コンディション、カテゴリー、ブランド、カラーを絞り込めます。
モデル名やスタイルコードが分かる場合は虫眼鏡マークからワード検索。

AIR JORDAN 1で検索してみるとこんな感じ。
基本的にはスタイルコードで区分けされてるので、同じカラーでも復刻された年代などで好みのものを選べます。

表示されてる価格は最低価格。サイズやコンディションで異なります。

今回のターゲットはこれ!

仕様がオリジナルにかなり近いということでどうしても欲しかったのですが、残念ながら手に入れられなかった一足です(;_;)販売数は今までより多かったそうなので、ゲットされた方も多いのでは?
「BUY NEW(新品)」と「BUY USED(中古)」があります。

BUY NEWを選択しましたが、「DAMAGED BOX」と表記のあるものは箱に難あり。「NO BOX」は箱なしですので気になる方はご注意。

下部の「NEW WITH ISSUES」からは、未使用ですが難ありというものが写真付きと出品者のコメント付きで見れます。(コメントは英語ですが、右アッパーに汚れあり、替え紐なし、左アウトソールにキズあり、などと英語の分からない私でも理解できる程度でした)

さて、サイズと予算で見合うものがあれば購入画面へ進んじゃいましょう!
上部の「BUY NOW」の横に「OFFER」とありますが、ここからサイズと買いたい価格、配送先と支払い方法を設定しておけば、その価格で売ってもいいよという出品者が現れたときに自動的に売買成立となります。
オファーを出す期間も設定できますので、予算オーバーのものしかない場合に活用してみましょう。

送り先と支払い方法の入力です。
支払い方法はクレジットカードとPayPal、端末が対応していればApple Payが利用できます。

無事決済が完了したら、オーダー状況を確認してみましょう。

マイページの「ORDERS」→「VIEW PROGRESS」タップするとこの画面になります。
出品者がGOATに送り、鑑定、GOATが発送という流れの中、現時点での状況がひと目で分かりますね。(ステップが進むたびに通知も来ます。)

この画面は実際にこの記事を投稿する時点のものです。
鑑定も終わり、UPS(国際輸送サービス)で無事発送されたようです。ひとつ前の画面に戻り、TRACKINGの欄にあるトラッキングナンバーをタップするとUPSの追跡サービスへ飛ぶようになっており、さらに詳しい配達状況もチェックできます。

かなりざっくりとですが、以上が注文完了までの流れになります。

【後編】はこちら

スニーカーマーケットプレイスアプリ「GOAT」で注文したスニーカーが届いたので早速レビューします! ...









シェアする

フォローする

コメント

  1. ガッキー より:

    住所入力の日本語と言うのは、漢字ですか?